今ある歯を大切に。そのためには歯医者への受診が先決

日本人の歯へ対する意識

ある調査で、70歳までに残る歯の本数が15本~20本に対し、日本はわずか7本ということがわかりました。これは日本人の歯に対する意識が薄いことの現れです。

歯を失わないためには?

近い将来、歯が生えるスゴイ技術ができるかもしれませんし、歯の治療方法も今よりかなり進化するかもしれません。しかし自分たちが生きている間に完成するかどうかはわかりません。今できることは、歯を失わないためのケアや治療を率先して行なうこと、異常がみられたらすぐ受診することです。これを生涯続けることで、70歳までに20本の歯を残せるのです。

痛みが強くなっているからこそ危険

歯医者に行かず、痛みを放置した末に最悪な結果を迎えるケースは山のようにあります。また、歯の痛みや違和感がきっかけで歯の大事さに気づくこともあります。

歯医者に行くきっかけになった出来事とは?

治療器具

危うく歯を失うところだった

仕事忙しく、歯科に行く暇がなかった昔歯が痛いなと感じても市販の痛み止めを飲んでしのいでました。それがいけなかったのか、ほっぺたが腫れてしまい大変なことに。半日だけ休んで急遽歯医者へ駆け込みました。結果は重度の虫歯。幸いにもぎりぎり神経には届いておらず、数回の治療だけで完治しました。

インプラント治療なら明石で受けよう

歯医者で治療が必要な歯の放置は危険?自分の身に降りかかる危険とは

歯

痛みを放置するとどうなる?

歯医者に行けず、もう何年も歯の痛みを放置する人はざらです。虫歯だった場合は、神経がすでに死んでいるため、ほとんど痛みは感じません。そのため、本人は治ったと勘違いします。神経の死んだ虫歯を放置すると、全身の病気に発展する可能性も否めないため、小金井や見沼区の歯医者も歯が痛んだら積極的に受診してほしいと呼び掛けています。

レディ

歯が痛い場合に考えられる病気

痛みの原因で考えられるのは虫歯でしょうか。初期ならまだましですが、症状が進むと強烈に痛みます。また可能性として、歯周病も捨てきれないでしょう。歯肉が後退すれば、冷たいものや熱いものがあたっただけで激痛です。

[PR]
矯正歯科は梅田で利用すべし
痛くない施術方法を実施してくれる

[PR]
見沼区で歯医者の申し込み
手続きが簡単にできる

[PR]
小金井で歯科クリニックに通おう
歯のトラブルをすぐに改善

茅ヶ崎で歯医者さんを利用しよう

広告募集中